ひみつのお宝

英語授業で名寄市立大学へ行った時のこと、席に着いた学生たちが何やら見ている。のぞいてみると

ほおお、あの人気番組「なんでも鑑定団」が名寄に出張鑑定に来るらしい。

果たしてどんなお宝が登場するやら、楽しみですね。

実はここだけの話、私にもひみつの(?)お宝を持っています。

じゃじゃーん ↓↓↓

これ、1970年に万国博覧会が大阪で開かれた時の記念ソノシートなのです。

当時、三菱グループが建てたパビリオン「三菱未来館」では「50年後の日本」をテーマに2020年、つまり来年の日本を予想していたのです。当時私は小学6年生。幸運なことに親に連れて行ってもらいました。でも残念ながら覚えているのは関西の夏の暑さのみ。あとはなーんにも記憶に残っていません。

いったいどんな予想がなされていたのでしょう、気になりますが今我が家にはレコードプレーヤーがなく、聴けません。

まあ、そのうちに聴いてみよっと。

先日の授業から

会社勤めをしていると、イヤな上司に翻ろうされるものです。私もいろいろありました。 さて、欧米諸国の会社に秘書として働いた経験のある女性と会話しました。彼女の場合、上司に怒られてもネガティブにとらえず常に前向きに考えていたことがうかがえます。 えらいなあ! 20代とは思えないこの考え方。それにひきかえこの俺は・・・

てなわけで音声スタート!

http://nomuraenglish.sakura.ne.jp/wp/?attachment_id=5507

会話音声を公開します。

私のホムペを管理してくださっている方によれば、毎日50人ほどの方々が見に来てくださっているそうです。(そんなにたくさん!)

およそ30名は塾の生徒だとして、残りの20名はいったい誰なのでしょうね、と尋ねたところ、トラッキングする技術があるのだそうで、法人関連がちらほら見受けられるとのことでした。 

あんがい同業者だったりして・・・いずれにせよ名誉なことです。これを機に私の会話シーンを公開することにしました。 

帰宅途中の車の中でアメリカ人男性と話したスカイプ通話をボイスレコーダーに収めましたので聞いてください。

お聞きの通りヘタです。 私は商業英語しかやっていなかったので、粗削りに聞こえるかもしれません。 この人生、仕事で色んな国々の人と接してきました。真夏のアイオワ州のトウモロコシ畑でハチにさされながら、真冬のアラスカ州でマイナス30度にふるえながら、培ってきた土着カタカナ英語です。おかげさまで目の前にトランプのような人が10人いても物おじしないだけの度胸がつきました。 どうぞ笑ってやってください。

これからの日本人に必要なのは、かっこよく話すことではなく、他国相手に堂々と話せることだと思います。アメリカしかり、ロシアしかり、中国しかり、韓国しかり。

こんな泥臭い英語を話せるようになりたい人、私の塾に来てください。カッコよくありませんが、度胸はつかせます!。

2019年第1回英語検定結果速報

とりいそぎ結果のみ報告いたします。

中学3年 S君 2級合格 (中学生で2級、大したもんだ)

高校1年 I君 2級1次合格 (学祭で2次試験が受けられなかった。秋にがんばろう)

中学2年 Mさん 3級 (2次試験で焦ったようだけれど、合格してよかったね)

小学5年 Mさん、 5級 (そろばんで鍛えた集中力で見事合格。)

主婦 N さん、 3級合格。 (65歳、まだまだこれからだよ)

みなさん、おめでとうございました!

経済学なら・・・

塾をやっていてハンデに思うのは英語しか教えられないこと。

他教科を教えることができる予備校に比べ、見劣りは避けられません。

だからと言ってこの歳で数学や理科を教えるなんて無理無理。

英語だけで勝負しなきゃ、と思っていました。

ところが先日意外なことが判明・・・

高1のMさん、浮かない顔で教室にやってきた。どうしたのか聞くと、社会科の試験が悪く、クラスの中でもかなり下位に甘んじてしまったとのこと。

次の試験で挽回したいがやり方そのものがわからない、とうなだれるMさんになんとかしてやりたいが何もできない自分が悲しい。

「社会科かあ、地理や歴史などほとんど覚えていないもんなあ。」とつぶやくと、「いや、そんなんじゃなくて、現代社会という科目なんです。経済学とか・・・」とMさん。

「えっ、ケイザイガク? ちょっと教科書を見せてくれる?」手渡された教科書をパラパラめくってみた。 需要曲線、供給曲線、均衡価格、可処分所得、消費者物価、設備投資。「なあんだ、これなら大学時代に習ったことばかりだ。俺でもなんとかなりそう。」 「ええーー、おしえておしえて。英語よりこっちが大事。来週小テストがあるの。」 

そんなわけでこの日の授業は英語ではなく経済学になりました。 

まさか40年前に習ったことが今活かされるなんて、変な気分です。

本当に大丈夫なの?

6月に行われた英検の1次筆記試験結果が発表されました。The results of the Eiken 1st stage tests have been announced.


私の生徒からは、5級一人、3級二人、そして2級一人が関門を突破。Among my classes whom I have taught this previous season, I am proud to announce that one of my students passed the 5th Grade Eiken Examination from this recent session, while two of my female pupils and a senior high boy  passed the 3rd and 2 nd level, respectively.

 
ですが一方で、準2級で三名、2級で一名が不合格でした。 On the other hand, unfortunately, three of my apprentices didn’t make it through the Pre-2 Exam, and one through 2nd grade.


合格するに十分な実力があると思い、送り出しました。なので責任を感じます。I feel responsible for having told them to take a chance. I was confident that all of them were well enough to succeed.

得点結果表を見るとライティングテストが以前より厳しく採点されている気がしました。Looking at their score reports, I felt that their writing tests were graded more strictly than before.

今回から英作文テストの採点にAIが初めて導入されたそうですが、そのことと関係があるのでしょうか?Does it have anything to do with the fact that the Artificial Intelligence (AI) has been introdiced to mark the writing tests for the first time?

採点基準が変わったかもしれないのに、詳しく知らされず受験料を払った人たちがかわいそうですよ。I feel sorry for the people who paid money for the test and not well informed of the possible change in EIKEN’s grading standard.


将来はイラストレーター

生徒の一人がイラストを描きました。お母さんが仲間と春の飲み会を開いているところを書いたのだという。One of my students drew a picture of her mother having a spring party with her friends.

これを仕上げるのにどのくらいの時間がかかった、ときいてみたら。   

I asked her how long it took her to get it done.

  [

「20分です」Twenty minutes!       
こともなげに答えてくれました。She replied  as if it were nothing.


本当に絵の才能がある子です。Indeed, she has a talent for drawing.

キツネ

生徒のMさんはお医者さん。先日のレッスン時、外にキツネが見え、こんな風な会話が飛び交いました。紹介します。(F が私です)


M )   Look.  There’s a fox out there. 見てください、キツネがいます。
F)  Oh it’s cute. おお、かわいいですね。
M) Foxes are cute but dangerous.キツネはかわいいけれど、危ないですものね。
F) Dangerous in what way?  どんなふうに危ないのだろう。
M)  Foxes poop everywhere – on the ground, grass, and streets. キツネはあちこちでフンをする、地面、草地、道路。
F)  No doubt about it.それは間違いないですね。
M) The poops have tapeworm eggs in them.  (ふんの中にはサナダムシの卵があるのです)
F)  I have just remembered –  echinococcosis.(思い出した、エキノコックスだ。)
M)  That’s right.  Echinococcosis is a parasitic disease.(そのとおり、エキノコックスは寄生虫の病気なのです。)
F)  So if you touch the soil and then touch your mouth…..(土にさわった手で口にふれると)
M)  People become infected by ingesting eggs of the parasite.(それを食べて感染する恐れもあります)
F)  What happens to them? (どんな症状が出るのですか)
M)  Liver failure. I have seen my colleagues perform surgery on such patient before.   (肝機能不全です。以前同僚が手術するところを見たことがあります。
F)  Surgery? What sort of surgery did they do? (外科手術? どんな風な手術を行ったのですか)
M)  A part of the liver was dissected to remove the infected part. (肝臓の一部を切除するのです、感染した部分を取り除くため)      Do you want me to describe more precisely? もっと正確に説明しましょうか?
F) No, I’d better not. I’m a blood phobia.やめておきます。血を見るのが怖いので。

勉強嫌いが満点取った!


「ウチの子、英語が大嫌いなんです。 成績はどん尻です。 野村先生の手で何とかしてやってください。」 そういいながら母親がこの子を連れてきたのが昨年秋だった。

それから1対1の授業がはじまった。 だが、何を話しても答えてくれない。I,my, me の区別もつかない。 いやはや困った。どこから手を付ければいいのだろう?

とにかく信頼関係を築こうとおもい、いろんな話をしてみた。大昔の学生時代のことをメインに話した。 担任の先生に口答えして殴られたこと、父親とケンカしてプチ家出したこと、隣のクラスの女子が好きになって手紙を書いたけどフラれたこと。

努力の甲斐あって、その子は段々と心を開いてきた。目が合うようになり、笑顔も見せるようになった。 ここまでくればしめたもの! あと少しだ。

ノートに記入するよりパソコンやタブレットに入力するほうが好きだとわかり、PC中心にきりかえた。なんと今風の子らしくキーボードの操作がとても速い。 教科書1ページ分の英文などあっという間に入力してしまう。 

母親からメールがくる。「ウチの子は飽きやすいのですぐにやめると言い出すと思っていましたが、野村先生の塾だけは続けたいそうです。やる気にさせてくれてありがとうございます。いいニュースがあります。私から言ってもいいのですが、子どもがどうしても直接野村先生に言いたいそうです。」

そして先日の授業、その生徒は教室に入るなり大きな声で話してくれた。学校の英語の時間に小テストがあり、満点をとったという。

おおう、やったじゃないか。オラー!

思わず叫んでしまった。 赤点しかとれなかった生徒ががんばった。たかが小テストかもしれないが、満点をとった意義はおおきい。

その調子だ、次もがんばっていこう!

対面式

去る4月8日、名寄市立大学にて英語担当教員8人と新入生との対面が行われました。講堂に集まった200人のフレッシュマン。ペチャクチャおしゃべりしたり、スマホをいじくったり。

ところが壇上に我々8人が姿を現すとシーンとなりました。 

そしてひとりひとり英語で自己紹介。私はいい歳こいて緊張しまくり・・・

でも壇上から見た生徒たちの表情は一様になごやか。長かった受験勉強を終えた安ど感が感じられました。つまらないおやじギャグに無理して笑う余裕も・・・

さて今年はどんな問題児? がいるだろうか。大学に入ったばかりの頃はにこやかでも、5月に入ると途端に表情が曇る生徒が現れる。いわゆる5月病だ

誰もが一度は通る道といえど、やっぱり若者にはきつかろう。 どうか負けずに乗り切って素晴らしい4年間をすごしてほしい。

すべての行事を終え、旭川へ戻る前に大学附属図書館へ立ち寄る。ここは新刊の宝庫! 出版されたばかりの本が置いてある。 手当たり次第に2冊借りた。

経済学の本なんて大学以来読んでない。はたして読破できるやら・・・

失敗図鑑のほうは、歴史上の人物たち(ノーベル、ピカソ、ライト兄弟など)の失敗経験を網羅したもの。小中学生の授業の時に話のネタになればと思って借りました。