イギリス人と世間話

オンライン授業の合間にイギリス人のトムさんと雑談しました。多発する高齢ドライバーによる交通事故の問題について。

オッサンは不要

英検3級を目指す小中学生が12名に膨れ上がりました。対面授業はできないのでオンラインでやっています。

しかし、いまひとつ波に乗りきれていない気が、、、そうです生徒からの反応が弱いのです。まるで学校の座学のよう、先生の言うことを黙って聞いてひたすらノートをとる。そんな、もの足りないオンラインレッスンになっていました。

このままではいかん、何かアイデアを出さないと。

そこで考えたのが生徒のグループ化でした。12人の生徒4人ずつ3グループに分け、英検問題に取り組ませるのだ。

LINEグループアカウントは、12名全員のものが1つ、グループ用で3つ。合計4つ必要となる。

するとどうだろう、みんな生き生きと話し合いに参加しているのだ。一方的な座学授業よりもparticipative になっている。

プライバシー保護のため名前を隠しています。

みんなとても楽しそうに話し合い、そして正解を求めている。そうだこれこそ参加型授業!

新しいやり方を見つけて本当によかった、と言いたいところだが同時に複雑な気持ちも。要するに俺はもういらないんじゃね。

小樽商科大学

私の母校、小樽商科大学を目指している高校生が2人、当塾に来ている。

2人とも背が高く体育会系、いい男だ。大学に入った後もスポーツクラブに入りたいと言っている。

地獄坂を昇る2人の姿を想像してみる。40年前の自分とダブる。いいもんだ。ぜひ合格してほしい。

40年前の野村、脚がみじけえ。

小樽商大を目指す理由は就職率がいい、そして海外留学の制度が充実していること。

ぼくらOBが納めた寄付金が億単位で集まり、現役学生の支援に使われている。やる気のある学生はわずかな自己負担で海外の大学に進学できる。こんなに恵まれた学校はザラにないだろう。

希望に胸を膨らませる2人だが、残念ながらオープンキャンパスに参加できなかった。コロナ自粛のためだ。

落胆する2人を元気付けようと、

樽商時代の思い出話をする。昭和の時代の話など何の役にも立たないが、2人には面白いらしい。

家庭教師のバイトをしていて見合いの相手を紹介されたこと、

毎月のように女子大と合コンしていたこと、

当時大学にあったコンピューターはタンスのように大きかったこと、

ダンスパーティーを開いたら男が多すぎて、踊る相手がいなかったこと、

そして極めつけは

面接もロクにしないまま企業から内定通知書が来たこと。

こんな嘘みたいな話で息抜きになるならいくらでもしてあげるよ。だから頑張れ!

来年絶対合格しよう!

トロッコアドベンチャー

小学3年生の子供たち5人にオンライン授業をしています。今年3月から始めました。

月の名前を教えていて気づきました。

マーチ、エープリル、メイ、ジュン、ジュライ、ここまでは順調に覚えられる。

だがその後だんだん覚えづらくなってくる。

オーガスト、セプテンバー、オクトーバー、ノーベンバー

音節が増え発音も複雑になってくるからだ。もちろんスペルを覚えるのも大変。

そんな時は無理をさせずゲーム感覚で考えさせるようにしています。トロッコアドベンチャーはその一つ。

9月はどっち?

October September

むろんトロッコがあるわけではない。でも子供たちは想像の中で乗っている。そして必死に考える。間違えたらネプリーグのように奈落の底に落ちるとばかりに。

子供たちが夢中になって取り組んでくれる。これがいい。

英検2級を受験する予定の皆さんへ。

下の記事を英訳し僕の所へ送ってください。無料で添削いたします。

Uber Eatsのような食料配達サービス が世界中で成長しています。

近くのレストランで注文すれば、ドライバーがあなたの家まですぐに運んでくれます。

配達員の多くはコロナに打撃を受け、職を失った人たちです。

これは歓迎すべきことでしょうか?

家族の生活のため 働ける事は良いことです。しかし彼らは感染するリスクも高くなるのです。

郷土愛

社会人生徒のKさんからLINE.がきた。

母校が優勝して一人祝杯をあげているとの由。

そうだKさんは和歌山県の出身、母校は智弁和歌山だ、

旭川へ嫁いで15年だが心はまだまだ故郷にあるらしい。

そういえば私も東京でサラリーマンをやっていた頃、北海道代表の高校を応援していた。

関東代表など眼中になし、勝とうが負けようがどうでもよかった。そう、これこそが郷土愛!

大事にしたいものだ。

クマ出没

道内各地でクマが出没しているそうです。山間部だけじゃなく札幌のような大都市でも。

it is reported that wild brown bears have been seen in Hokkaido – not only in the countryside but also in the big city like Sapporo.

冬が近づくと熊は巣の近くで食べ物を探す。だが最近温暖化のせいで十分に見つけられない。

Bears look for food near their homes before the winter comes. Recently they cannot find enough food due to the global warming.

だから山の麓や平地までやってくる。

So they come down to the foothills or even the plains.

それではもし人間がクマに出くわした場合どうしたらいいのか。

What should we do if we see a bear approaching?

昔出張でアメリカに行った時、アラスカ州の山で暮らしている人たちから教わった方法。

Here are some of the do’s and don’ts suggested by some land owners that I met when I visited Alaska on business.

落ち着け Stay calm

なるべく自分自身を大きく見せよ。Make yourself look as large as possible.

こちらは人間だと言うことを相手にわからせる。Identify yourself as a human

食べ物を残してはいけない。Do not leave food.

わかっちゃいるけどやれるかどうか。It’s easier said than done.

期待はずれの開会式

東京オリンピックの開会式は本当に残念なものでしたね。

The Tokyo Olympic opening ceremony was really disappointing, wasn’t it?

リオデジャネイロオリンピック閉会式で安倍首相がマリオの扮装をし、そして素晴らしい映像を見せてくれたのは5年前のこと。

As a part of the Rio de Janeiro Olympic closing ceremony , the exciting and impressive video was presented along with Prime Minister Shinzo Abe dressing up as Mario five years ago.

国民はみんなあれを覚えていたのでしょう。そしてあれに続く素晴らしいものを東京オリンピック開会式で見られるのだと期待していた。そして見事に裏切られた。

Engraving it in our mind , we all anticipated that the story continued from there would be shown in 2020 Tokyo Olympic opening ceremony. We were totally betrayed.

もっと素晴らしい代替案があったと文春が報じています。

According to Bunshun, there was an alternative to the ceremony, which was more specutacular.

なぜそちらが選ばれなかったのか。 

Why wasn’t that adopted?

朝日新聞は「黄昏の時代の象徴」と呼び、北野武さんは「いやー面白かったですねえ、途中で寝てしまいました。」

Asahi Newspaper called it “a symbol of the aging era.” Takeshi Kitano said “It was so nice that I felt asleep before I knew it.”

まったく、責任者は頭を丸めろと言いたい。

I want whoever was in charge to get a buzz cut.

CITY POP

アメリカ人の知人と話をしていてシティーポップと言う言葉を初めて知りました。

それは1980年代の日本のポップスであり、現在アメリカを始め世界中で親しまれているとの事。中でも1番人気なのが松原みきの真夜中のドアなのだそうだ。

確かにYouTubeでは数多くの欧米人が英語でコメントを残している。

日本人としてとても誇らしいことだ。だが同時に悲しさも感じる。

歌っていた本人がもうこの世にいないことだ。若くして亡くなった松原さん、この偉業を自分の目で確かめたかったことだろう。

自分にとってこの曲は、若い頃を思い出させる懐かしいもの。キャンパスを歩く自分の姿が見える。

かっこいい思い出は1つもないが、それでも楽しかった。

本気で5教科やってます

英語だけでなく、国語・社会・理科・数学も指導します、と宣言したのがおよそ3ヶ月前。

6月の定期考査では、2週間ほど前から中学生を集めてLINEグループで指導した。僕が適当に問題を出して生徒みんなが一緒に考えながら答えを出す。どちらかと言えば勉強会と言えただろう。

雰囲気が楽しいのか、みんな最後までついてきてくれた。中には成績中位からクラス5番にあがった生徒も。

要するに勉強は楽しくやるのが1番。

無理やり詰め込むより、まったりやろう! それが野村塾。