バレンタイン

今年もまたいただいてしまいました。小学生から熟女までたくさんの生徒さんから。本当にありがとうございます。 

また、よくこのブログに登場する菓子作り名人Kさんからは、手作りガトーショコラ!

たまらなくおいしい・・・けれど 

またふーとーるー。 助けてくれー。

インフルエンザ対策 今後の課題

インフルエンザが流行っています。私の生徒も軒並みダウン。  なかには親子そろって感染した人も・・・受験生は特に気を付けてほしいですね。
TBS番組の「報道特集」でアンカーの膳場貴子さんが語っていたコメントを愚英訳してみました。

体力の弱い高齢者にとってインフルエンザは非常に危険なものである。Influenza is very dangerous for physically weak elderly people.
高齢者の施設でインフルエンザを予防するために入所者に薬を使うかどうかは施設の判断にゆだねられている。It is up to each facility’s decision as to whether or not they give medicine to every senior in the nursery homes as a preventive measure against the deadly disease.
ただ心配なのは、みんなが予防目的で薬を使うようになると、耐性ウイルスが増えるのではないかだ。However, there is one concern. If everyone comes to use such prophylactic  drugs,   it might induce the development of a new kind of virus that is drug resistant.
使い方についてはもう少し明確な基準があるのがのぞましいのではないだろうか?We feel it is more desirable to have sharply defined standards regarding its usage.
私が訪れた介護施設は、入居者に予防接種をさせ、さらなる予防としての薬も準備している。The nursing home I visited had residents have influenza vaccines injected. Also some medicines are available there for further prevention.
それでもなおウイルスを完全に消し去ることはできない。Even so it is difficult to fight off viruses perfectly.
つまるところ、うがい、手洗い、よく食べ、よく寝るなどの日常生活が病気に対する免疫を持つ強い身体を作るのだ。It eventually reduces to daily routine such as gargling , washing hands,  eating well, and sleeping well that help build a strong body.immune to diseases.

スーパー中学生

今指導させていただいている中学生の生徒はすごい。一芸にひいでた子ばかり。

 

Aくんは、あるスポーツでJOCのジュニア強化合宿メンバーに選ばれ、東京に行くことに。

Bくんはバスケの腕前が見込まれ札幌の強豪校に推薦入学がきまった。

Cくんはロボット製作が好きで全国ロボコン大会に出場。

Dさんは中1ながら英検3級に挑戦。自己採点で単語は惨敗だったが長文は全問正解!

Eくんはゲーマー。「星のカービィ」「スマブラ」をやりながら息抜きに勉強し学内トップクラス。

みんなすごいなあ! ちなみに私はキャンディーズ、ピンクレディーなどのアイドルグループにウツツをぬかすイケてない中学生でした・・・

 

 

私の韓国観

最近日韓関係が危うくなっているようです。

歴史認識を始め領土、レーダー照射・・・論争の火種は後を絶ちません。

嫌韓ブームという言葉が示すように、韓国を嫌う人が多いそうですが、私は嫌いではないです。

 

私は若いころ海運業界にいたので韓国の船会社と仕事する機会が数多くありました。初めのうちは無愛想でとてもやりにくかった。挨拶しても微笑まず、日本人が嫌いなんだ、というそぶりをわざと見せつける態度でした。でも回を重ねて会っているうちにだんだんと打ち解けあい、和やかな間柄になっていったのを覚えています。ある晩、仕事を終えて一休みしているときに、彼らの一人から小瓶をわたされました。ラベルには「真露」(じんろ)と書かれていました。「なんだいこれ?」とたずねると、「韓国で一番の焼酎だ、飲め」ひとこと。

いきなり始まった職場宴会。小皿に盛ったキムチを肴にぐいぐい飲みながら、いろんな話をしました。将来の夢、好きな女性のタイプ、会うたびに老けてゆく故郷の両親・・・ 。なんだか話せば話すほど彼らとの距離が縮まってゆく気がしました。 たったこれだけの経験で偉そうに言うのもおこがましいのですが、私は韓国人を嫌いにはなれません。初めはぶしつけに見えるけれど、膝を突き合わせてじっくり話し合えばきっと理解してくれる民族だと思っています。両国の関係がこれ以上悪化しないことを切に祈ります。

数年前の道新社説と英訳です。

********************

日本と韓国の政府間の関係が、しばらく例がないほど冷え込んでしまった。

The relationship between the Japanese and Korean governments has worsened almost unprecedentedly.

 

李明博大統領が、両国が領有権を争う竹島(島根県、韓国名 独島)に歴代大統領で初めて上陸した上、天皇訪韓の条件として過去の植民地政策への謝罪を求める発言をしたためだ。

This is because of the Korean President Lee Myung-Bak who not only paid the first official visit to Takeshima island , Shimane prefecture (Korean name Dokdo) whose ownership is claimed by both countries, but also stated that Japan’s emperor must apologize for  its past colonial rule in the Korean peninsula if he wants to visit South Korea. .

 

一国のリーダーとして配慮を欠く言動と言わざるを得ない。

This is hardly an attitude by the leader of a country, we must say.

 

野田佳彦首相が送った抗議の親書を送り返してきたのも外交儀礼上首をかしげてしまう。

Also Korea returned a letter that the Prime Minister Noda had written to them personally. Such an undiplomatic gesture makes us wonder why.

 

日本政府は通貨交換協定の見直しなど対抗措置を表明した。

Japanese government has announced some countermeasures including the temporary suspension of the bilateral currency swap agreement.

 

しかし日韓は「自由と民主主義、基本的人権等の基本的価値を共有する重要な隣国同士」であることを忘れてはならない。

But we must not forget that the two countries are important neighbors sharing fundamental values such as freedom, democracy, and respect for human rights.

 

両国政府とも冷静になり、問題を広げることなく、じっくりと話し合い解決を目指すべきだ。

Instead of aggravating the problem, both governments should stay calm, hold talks and work their way to a solution. 

 

 

 

 

 

 

英検情報(3級)

3級を受験した中学生たちが「ライティングがきつかった」と口にしています。

当塾では、ライティング問題で苦労しないようあらゆる分野にわたって対策を立ててきました。学校のこと、家族のこと、趣味、環境問題・・・

そんな我々をあざ笑うかのように、今回の題目は「動物園と博物館、どっちに行きたいか?」

ほとんどの子は動物園を選んだ。本能的に理由の一つが浮かんだからだ。「Because I like animals.」 

だが 二つ目の理由がなかなか思いつかなかった。動物園に行きたくなる理由が。そして時間ばかりが過ぎていって、タイムオーバー・・・

出題者はおそらくわかっていたのだろう。子供たちが動物園に行きたい具体的理由を挙げるのはとても難しいことを。

ようし、それならそれで新たな対策を立てよう。なんだか燃えてきたわい。

時事英作文 JOCは本当にシロなのか。

オリンピックで大切なことは勝つことではなく参加することである。”The most important  thing in the Olympics is not winning but taking part.”  

 
子どものころこんなフレーズを習ったおぼえがありますね。I remember learning this phrase as a child.

でも今では、このきれいで純粋な精神は、放映権、音楽産業、スポーツウエア業界を巻き込んで巨大なカネがうごくショービジネスに形を変えつつあります。But nowadays, this clear and pure spirit is transforming itself into a show busuness  where billions of dollars come and go involving TV broadcasting rights, music industries, and sports wear manufacturers.   

フランス検察当局は東京五輪招致委員会がシンガポールのコンサルタント会社に振り込んだ約200万ドルの支払いについて、賄賂ではないかと捜査を続けてきました。French prosecutors have been investigating the payment of about 2 million US dollars by Tokyo Olympics Bid Committee to the Singaporean consulting firm, suspecting that the money is a bribe.

招致委員会の竹田会長はこれを否認、支払いは賄賂ではなくコンサルタント料だと言っています。 The Committee’s president, Mr.Takeda denies the allegation, saying that the money was not a bribe but a consulting fee.


フランス検察当局は自分たちの主張を信じるだけの十分な理由があると言っています。The french prosecutors have every reason to believe in their assertion.  


まず、1.シンガポールの会社は、記録上の住所に存在していないこと。That is;  1.  The Singaporean company’s office is no longer existent at the address shown on the record.

 
その2、その会社の社長は2016年のオリンピック、パラリンピックでリオデジャネイロの票集めや、ドーピングテストのもみ消し工作にかかわったとされる怪しい人物と近しい人間であること。2.  The president of the Singaporean consulting firm is a close friend of a man under suspicion of receiving a bribe in return for buying votes for Rio de Janeiro to win the Olympics nomination  and for covering up a positive doping tests.

だが賄賂性を立証するにはJOCがこの支払いをしたとき、最終的にこの怪しい人物にカネが行くことを承知していたのかがカギとなります。In order to prove bribery,  the key is whether or not JOC knew the money would eventually go to the skeptical person.

JOCは自分たちが潔癖だと主張したければ、すぐに疑いを晴らすべきです。さもないと不完全な脚光をあびたままの祭典開催という不名誉を背負うことになでしょう。IF JOC wants to insist that there is nothing wrong on their side, they should come out and clear the doubts.Otherwise,  we will have to bear the dishonesty of hosting Olympics under the spotlight of suspicion.

甘いものダメー!

断酒して1年2か月、やせるかと思いきや正反対・・・体重は増加の一途。

原因は甘い食べ物だ。アルコールをやめた反動で身体が欲している。

おかげで血糖値が上昇中。手遅れになる前に控えないと・・・

そんな私にお構いなしに甘いものを持参するのが主婦クラスだ。

チョコレートだのアメ玉だの・・・女はどうして甘いものが好きなのだろう? 

さらに昨日、Kさんが手作りプリンを持ってきた。

ふんだんに使った卵、上に載った生クリーム。うわーよだれが出る・・・

「先生もどうぞ。」の一言に礼を言うが、右手はすでにスプーンを持っていた。(笑)

混ぜ合わせながら食べてゆくと底の方から茶色い液体が顔を出す。
カラメルソースだ。

なんて贅沢なスイーツだろう! ありがとうKさん、と感謝しつつ誘惑に弱い自分に落胆する私でした・・・

還暦おやじ、センター試験(英語)に挑戦!

昨日おこなわれたセンター試験の英語問題を解いてみました。 

えっ? なんでそんなことするかって? そりゃ当然、お金をもらって英語教える仕事してるわけだから、それなりのレベルを維持しなきゃ! 噺家が落語できなくなっちゃおしまいなのと同じ! 

情けない点数しか取れなくなったらいつだって引退する覚悟。

そんなわけで新聞紙にでた試験問題を受験生と同じ制限時間で解いてみました。 (途中、電話が鳴ったことと妻から「晩ごはん何にする?」の問いかけに集中力が途切れたのでほんの2,3分オーバーした。)

さてそれでは採点結果・・・・

問1,2の発音、アクセント、文法問題はすべて正解。

だが問3でやらかした。余剰と思われる文を選ぶのは前から苦手だ。

続いて問4も不正解! 引退する先生に何をプレゼントするか、生徒たちが話し合う内容だ。最もふさわしい贈り物は何か? 1.花束、2.像、3.アウトドア家具、4.調理関連

本文の中ではくだんの先生が料理好きであることがたくさん書かれてある、正解は4番! とだれもが思うだろう。

ところがそれはワナだった!

正解は3なのだ。たしかに、「調理器具は山ほど持っているだろうし、好みもある。」という記述があった。この先生は調理関係の道具などいらないのだ!

ではなぜ3番?  

読み直して分かった。 この先生はよくパーティーを開いて人を呼ぶ。招待客は座りたくなったら家の中に入らねばならない。→この記述から、パーティは屋外で開くことが普通であり、キャンプで使うような座いすを持っていないことがわかる。→ だからアウトドアファニチャーが最も喜ばれる贈り物、となるわけだ。 

奥が深いなあ、全国で何人の高校生が正答できただろう・・・・

ほかに問5で2問不正解。 これは不注意が原因なのでナットク。

そんなわけで総得点は200点満点の179点。 塾講師としてふさわしいのかどうか、超ビミョー。

羽ばたけアイドル!

講師をさせていただいている名寄市立大学のカナダ人先生マーティンメドウスさんが嬉しそう。 何があったのか聞いてみると、高3の娘さんが新聞に載ったとのこと。 どれどれ・・・・

へええ、モデルをやっていたんだ。そしてこの春卒業と同時に東京の大学へ進学し、芸能活動もおこなうとのこと・・・・2019年が最高の年になればいいですね。

成長期

S君は中2のイケメン男子。テニスがめちゃうまい。この年末年始、家の都合で塾を3週間やすんだ。 

そのS君が、きのう復帰してきた。「こんちわ、しつれいしまーす」。

「おーう、ひさしぶ・・・」言葉が止まった。なんとS君の身長が伸びている! たった3週間でめまぐるしく。

「おーい、身長伸びてなくね?」と尋ねる私に「はい」とほほえむSくん、歯並びがいい。 3週間で数センチの伸び、驚異的だ。

成長期、英語ではrapid growth period とでもいうのだろうか? 彼は今まさにその最中。 私を追い越すのは時間の問題だ。