ウーマンオブザイヤーに表彰された難民の母

毎年母の日に「ウーマンオブザイヤー」を決めて表彰するTV番組があるそうです。今年選ばれたのはエチオピア難民の過去をもち、生活苦に耐えながら6人のお子さんを全員大学へ行かせた清掃婦の女性。いや泣かせます。

 http://www.youtube.com/watch?v=biZR219jY2M → 動画はここをクリックしてください。

I am actually here in Erie, Pennsylvania. And I’m at St.Vincent Health Center here. (私は今ペンシルベニア州エリエのセントビンセントヘルスセンターに来ています。Now you are not going to believe this, because all of the nurses here wrote to nominate her.(信じられない話ですがここの看護師が全員、彼女を指名するよう書いてきたのです。 Her name is Almaz Gebremedhin. And they call her “Little A”.(彼女の名はアルメズゲイブラメヒン。まわりのみんなはリトルA と呼んでいます。) She has no idea I’m here at all.(彼女は私がここに来たことをまだ知りません) As a matter of fact, she’s actually  a cleaning lady here at the hospital.(彼女はここで掃除婦をしています。) And she started her shift at about five o’clock. (朝5時からのシフトで働いており)She’s cleaning in the lobby right now.(今ちょうどロビーをきれいにしています) She has no idea that I’m here. But wait till you hear her story.(彼女のストーリーについてはもう少し待ってください。) It’s gonna blow your mind.(ジーンとくるようなお話ですから) Let’s go try to find her OK? Hi. (さあ、彼女を探してみましょう) I’m looking for Little A. Little A is the one I’m looking for. How are you doing? How are you?  Hi there. Morning.    Are you little A? Excuse me. Are you little A? (すみません、あなたがリトルAさんですか?)You are live on Good Morning America. (「おはようアメリカ」の生中継です。Are you a little shocked over here my friend? (あれ、ちょっとショックを受けましたか?) Let me tell you something. You are the woman of the year. (ちょっと言わせてください。あなたは今年のウーマンオブザイヤーに選ばれました。)Your coworkers here, all the nurses upstairs in the maternity ward – they nominated you because you are just so amazing. And that’s why I’m here. (この上の階の産婦人科の看護師さんたちがみんなであなたを指名したのです、とてもすばらしい女性だから)So what are you gonna say? Come on honey. It’s OK? Al right.(しっかりしてください、大丈夫ですか?) OK I’ve got to show you this. Come here. I’ve got a surprise for you. (こちらへきてください。見せたいものがあります。)Come on with me for a second. I promise. Come with me for a second. I’ve got to show you this.(ちょっとでいいからこちらへ来てください。あなたに見せたいのです) It’s an amazing, amazing story.(おどろくようなストーリーを) You’re an amazing lady. I wanna show you something right here. Because my friend, Robin Roberts in New York, has got a little piece that we want to show you. (ニューヨークにいる私の同僚が、あなたの過去を素晴らしい作品にしあげたのです。Check this out.

In the thousands of submissions  one story stands out like a shining bright light: an e-mail from the nurses of St. Vincent Health Center.  (何千通もの応募の中で、ひときわ目立っていたストーリーがありました。セントビンセントセンターに居る看護師からのe-mailでした。

Where many lives begin, one story of motherhood touches people there every day.

たくさんの生命が生まれるこの場所で、ある母親のストーリーが多くの心を打っています。)Meet Almaz Gebremedhin. アルメズゲイブラメヒンさんを紹介しましょう。She’s a housekeeper on the maternity ward.  “Little A.” they call her.(彼女はここ産婦人科の清掃婦、リトルAという愛称で呼ばれています) 

“She’ll open up the door and she’ll go, Hi, girls. It’s Little A, and then we go, Oh, good.”

(彼女がドアを開けて、そしておはよう、リトルAよ。って叫ぶのよね。 そして私たちもOH GOODって言うの)

“She is everything, I mean. I would give anything to be  ALMAZ.(アルメイズさんのようになれるんならなんでもあげちゃうわ、そのくらい彼女は私のすべてなんです。) 

“When you talk to Almaz, you don’t realize what she’s been. She’s very upbeat,”

(いつも元気いっぱいいなんです、彼女と話をしてると過去のことなど誰も気づかないと思います。)

An Ethiopian refugee, she spent her childhood in Sudan. By the age of 15, she was in an arranged marriage and soon had five children. (エチオピア難民としてスーダンで幼少時代をすごした彼女。15歳で見合いをし、すぐに5人の子供が生まれます。

 

Then in 1993,  with her husband, children and a young nephew, she came to America, to Pennsylvania. (それから1993年、夫と子供、それに甥を連れ、彼女はアメリカペンシルベニア州へ移住しました。 It was there that her husband left her — she was in a new country with six children  all alone.そして夫が出てゆき、彼女は6人の子供を抱えたまま新しい国での生活を始めることとなります。)

“Once he left us, she was determined to succeed and not fail.” (父が出て行ったあと、お母さんはゼッタイに成功してやる、負けるもんかと心に決めました。)

From challenges to progress,  Almaz stopped collecting public assistance and took three cleaning jobs, working more than sixteen hours a day. (挑戦から前進へ。アルメイズさんは生活保護受給をやめ、清掃婦の仕事を3つかけもち、1日16時間労働をこなすことにしました。)

In 2005, she and all her children became American citizens. (2005年には親子全員米国籍を取得)

“I’ve never seen her put herself first, ever, you’re wondering how a human being can do that.” (彼女が自分中心に考えたところなど見たことがありません。 人間があそこまでやれるものなのか、と思うでしょう。)

“No one knows her struggles. No one really knows what she really goes through.”

(お母さんが耐えてきた苦労はだれにもわからないでしょう。)The struggle is what the children remember most, like  making  ends meet. (苦労、それは子供たちが一番つよく覚えていることでした。例えばお金のやりくりなど)

“You can just tell, she looked stressed just because of the fact she had all these bills on the table and she still had all of us in the house.” (テーブルの上に請求書がいっぱい置いてあって、いらいらしているのがわかりました。)

“We all went out for breakfast to eat and she didn’t have enough money to pay for us, I ‘ve seen her kind of  cry a little bit, you know. (ある日みんなで朝食を外で食べたことがありました。そのときお金が足りないのに気づいて少しだけ泣いたのを覚えています。)And to me, that’s one moment that I notice where she almost caved in. But from that day on, she never showed us that face ever again.  (私にしてみれば、母が弱音をはいたのはこの時だけ。それ以降2度と同じ顔を私たちに見せませんでした。

“She taught us how to respect people. She taught us how to work hard. She taught us how to love unconditionally. She taught us how to give. She taught us never to quit and to follow your dream.” (他人を敬い、懸命に働き、無条件で人を愛し、与え、そして決してくじけず夢を追い続けなさい、と母は教えてくれました)

 

Just listen to what a mother can do. All of her children  graduated at the top of their high school classes, and all going on  to Pen State – and  all on scholarship. (女手一つでここまでできるのでしょうか? 彼女の子供は全員高校を優秀な成績で卒業し、ペンシルベニア州立大学に奨学金で入ったのです。

“I don’t think Almaz understands what she really did with the accomplishments with her children.” . Her children say Almaz lives up to her name. It means “diamond” in her native language. (アルメイズさんは、自分が大きな偉業をなしたと思っていません。彼女の子たちはこう言います。「おかあさんはただ自分の名前に答えただけ。アルメイズという名前は母国語でダイヤモンドの意味なのですから」と)

“It’s a quietly shining diamond. That’s exactly what a  mother is.” “She’s a rare jewel. She is the best mother any kid could ever ask for.”  “She wanted us just to explore the world you know, and make our own choices basically.” (静かに輝くダイヤモンド、それが母なのです。珍しい宝石で、どんな子でも望むような母親像だと思います。世界を見て回りなさい。自分のことは自分で決めなさい、とか言います。

“Every day, I  want to tell her that I love her and, Thank you for making me a better person. Thank you for making me the man that I am. You did it. It’s because of you.”

(毎日会って話したいです。僕を立派に育ててくれてありがとう。今あるのはあなたのおかげですと言いたいです)

She’s not just inspiring her children. “She’s definitely somebody who has sacrificed for her children, and doesn’t seem to resent in any way.”この人は子供に感銘を与えただけじゃないわ。子どものために自己犠牲をしてきた人なの。どんな場合でも腹をたてないような。“There’s  a strength in this woman, most of us never experienced.”  (この人には強さがある。他の誰も経験しなかった強さが)

So this morning, good morning America. Emeril Lagasse, salute a mother and her American dream. We’ll end with the message to Almaz from her oldesy son.(おはようアメリカと司会者エメリルラガッシは、母親とアメリカンドリームに敬意を表し、最後に長男からのメッセージをお送りして終わりたいと思います。

I love you so much. You mean the world to me. And if I can give the world, I would.

(このワールド、うまく訳せないなあ、「世界」よりも何か適訳があるような・・・)

 

ここで画面は病院へ戻り、子供さんたちとの抱擁でクライマックスを迎えます。

いやあ、泣かせるお話でした。

 

 

One Reply to “ウーマンオブザイヤーに表彰された難民の母”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です