Re:ひと月かかってやっと完成・・・(疲)

お疲れ様でした。

これだけの量のディクテーションとその訳を、よくやり抜きましたね。恐れ入ります。

このディスカッションの論理が私には噛み合っていない気がするのですが、私の理解力がないからなのでしょうか?それとも、実際、噛み合っていないのでしょうか?

米A: 原爆投下前に勝敗は決まっており、投下した本当の理由はソビエトに対し政治的優位性を見せておきたかったから。

古森:ソ連が中国日本領に進出してきた8月9日には2回目の原爆が落とされた。これは、日本の敗戦を意味する。

この時点で、議論はかみ合っていない気がする。その後も数回、噛み合わない論議が続くような…頭が混乱してきました。

なんにせよ、この仕事の見事さは賞賛に値します。

続きです。

(古森)
I’d also  add that US could have just demonstrated the awesome power of the newly developed weapon, test explosion or something.
付け加えますが、(もし米国の目的がソ連を敬遠することにあったのなら)この恐ろしい新型爆弾を(居住地に落とさず)どこかで爆破実験してその模様を世界中に知らしめるだけで充分だったのではないでしょうか?

(米国人A)
Let me in. Let me in. Let me in. That was the most tendentious way to put it. 聴きとり不能部分あり。 There’s some feeling here in the United States that it takes a bit of a Chuzpa, a bit of gall for the Japanese to be criticizing us for our historical sin,
And the Japanese tend to downplay the rate of men killing. There are various other episodes that Japanese are not killing in textbooks students learn.  And you people, your country have not come to grasp with what you did in the war and not teaching school children what happened?
ちょっとまった、ちょっとまった。それはずいぶん偏ったものの言い方ですね。ここアメリカでは、日本が原爆投下に対して我々を非難するなど厚かましい、といった感情がありますよ。 それに日本は殺戮してきた人間の数を実際より少なくさせようとしたり、 生徒が使う教科書に「日本は人を殺していない」と書かせようとするエピソードが他にも多々ある。 日本は、戦争で行ってきた事実をしっかり把握してこなかっただけでなく、子供たちにも伝えようとしない。そういうところがあるんですよ、人民も、国家も。

(古森)
It’s an assertion that Japanese have not come to grasp with the sense of our guilt. I really take issues with that. because I don’t remember how many times Japanese prime ministers and other political leaders really showed the act of apology. In addition to this, a tremendous amount of reparation was paid to all those countries. In addition, the Tokyo War Crime Trials, I don’t know two thousand people were executed, and all that.  In addition to this, bombing in Hiroshima and Nagasaki.  So the issue of Japanese textbooks – it’s really taken out of context – made sort of a political issue by Korean and Chinese.
日本が罪の意識を持っていなかったとはずいぶんなご意見ですね。 それについては言わせてもらいますよ。 というのも今まで日本の総理大臣や政界首脳が何度謝罪の行動をとってきたか、その数ははかり知れません。 それに当事国に対しては多額の賠償金を支払っています。 また東京軍事裁判では、2千人もの戦犯が処刑されている。 (広島、長崎で受けた大きな被害を勘定に入れず)これだけのことをやらされてきたのです。
また教科書に関する意見は、韓国や中国によって政治問題化されてきた論調ですが、主旨が理解されていないです。

ひと月かかってやっと完成・・・(疲)

(米国人A)

We have a number of documents that we didn’t have a few years ago. For instance, we’ve found the President Truman’s diary recently, and his letter to his wife, top intelligent reports – that we broke the Japanese code and we knew that they were attempting to surrender.
It was still three months before the preliminary landing. And the consensus of the real experts, people who spent all of their time studying this is that the bomb was unnecessary. Most notable  leaders at the very top in the World War Two – General Eisenhower for instance, the head of Air force , Henry Arnold. All agreed that the bomb was unnecessary.
今ここに数々の証拠書類が手に入っています。数年前まで入手できなかった書類が。 たとえばトルーマン大統領の日記、奥さんに宛てた手紙、極秘報告書など。 それによると当時の米国は、日本側の暗号文を解読して、日本側が降伏を企てていたことをつかんでいました。 (マッカーサーによる日本への)予備上陸が行われる3か月前のことでした。 この件の研究調査に多くの時間を費やしてきた人々、つまり本当の意味での専門家たちの間で合意されていた事項があります。それは「原爆は不要だった」ということ。 第2次大戦時の著名な将校、たとえばアイゼンハワー元帥、ヘンリーアーノルド航空幕僚などはみな原爆不要論で一致していたのです。 

(米国人B)
Why did Truman drop it then?
それではなぜトルーマン大統領は投下させたのですか?

(米国人A)
Well, there’s a debate. Many people say he did it for political reasons.  (聴き取り不能部分あり)
Many people now see that one of the factors was to impress the Russians, who were about to enter the war. Indeed they were before they got into North China, Manchuria, to spread influence. political reasons, not military reasons.
And one of the big reasons being criticized – Eisenhower was a major critic. He said that a lot of people lost their lives, mostly  civilians – in a situation probably where it’s not military necessity.
さあここを討論しましょう。 トルーマンは政治的理由で原爆を投下したと多くの人が言っています。 要因の一つは、当時参戦しようとしていたソ連を敬遠すること。 確かにソ連軍はまさに中国北部、満州地域へ入り込んで、その影響力拡大を図ろうとする目前でした。 つまり政治的理由であり、軍事的理由ではないのです。この大きな理由は、主にアイゼンハワー氏によって批判されました。 この原爆により多くの人命が失われ、そのほとんどが民間人だった、軍事的に必要性のない状況下で行われた殺りくだったと。

(古森)
There’s also an attempt by Japanese political leadership to put in a peace feeler, mostly through the Soviet Union, of course without knowing that Soviet had already agreed to take part in the war. Soviet’s invasion into Japanese occupied territory of China got underway on the ninth of August, which , in Japan, it is exactly the date the second bomb was dropped. All of the indication is that Japan had come to realize that there was no way this country could continue the war.
日本では、政府首脳が主にソ連を通じて和平交渉を試みていました。 まさかソ連がそのときすでに参戦に合意していたなどまったく知らずに。
中国における日本軍占領地域にソ連軍が侵入したのが8月9日、この日はまさに2発目の原爆が落とされた日であります。これら事実が意味することは、日本はすでに戦争の継続が不可能であることを実感していたということです。

(米国人B)
Mr.Komori, isn’t there a little revisionism in this view after having seen the tenacity that the Japanese displayed , island by island, as the U.S. led with its marine marched across, trying to get to Japan.  All of a sudden, you are saying that tenacity would have disappeared, and they would have holded their hand and ended the war?
古森さん、あなた事実を塗り替えてはいませんか。 日本軍はですね、米海軍が日本本土に到達するまで、一つ一つの島々で激しく抵抗をみせたのですよ。 それなのにあなたは、日本軍が突然(原爆を落とさなくても)戦意を失い、両手を上げて降参するつもりだったと言っている。

(古森)
The tenacity has completely disappeared in the wake of the two droppings of the atomic bombs.
戦意など2度の原爆投下で完全に消え失せましたよ。

(米国人B)
That’s right. That was the whole purpose of dropping. But you are saying if they hadn’t been dropped, it would have disappeared.
そりゃそうだ。それが投下の目的だったんだから。 ただあなたは、原爆が落とされなくても日本の戦意が喪失していたと言っている。

Re:押入れを整理していたら・・・

なるべく早いうちにdictationして、この場で発表したいと思います。

dictation期待しています。タマ駅長のdictationも和訳も、なるほどな、と思いながら読ませていただきました。クロスファイアのほうは、ディベートの訓練にも使えそうなので、聞いて(読んで)みたいです。

押入れを整理していたら・・・

古いカセットテープが出てきました。 何だろうと思って聴いてみると、20年ほど前米国に出張した際、テレビで放送していたCNNの報道番組でした。クロスファイア(CROSSFIRE)というタイトルで、ある話題について意見を異にする人々が激論を交わす番組でした。 日本でいえば「TVタックル」「そこまで言って委員会」「朝まで生テレビ」みたいなものです。

テープ録音する気になったのは、たまたまその時の番組が「原爆使用は正解だったか?」というタイトルであり、なおかつ日本人のパネリストも参加していたからでした。その人の名は古森義久氏。毎日や産経新聞に籍を置き、ワシントン支局に長く務めた辛口のジャーナリストなのです。

センシティブな話題をアメリカ人相手にたったひとりで、しかも英語で話すのだから心細かったことでしょう。おかしな例えかもしれませんが、超満員の甲子園で戦うビジター選手のような気概だったろうと思います。 なるべく早いうちにdictationして、この場で発表したいと思います。

あるネコのおはなし

和歌山県の小さな駅でネコが駅長になった話、聞かれた方も多いかと存じます。驚いたことにアメリカのCNNまで取り上げていたそうです。記事と試訳を載せましたのでご参照ください。

It’s the last stop of a country train line – an isolated town of just a few thousand people. The tourists are flocking here to snap what they call a once-in-a-lifetime picture of her, Tama the cat or as she’s known to the Wakayama Railway – “Super Station Master.”
それは人口数千人の過疎のまちにある、電鉄の最終駅。旅行者たちが「一生に一度の写真」を撮るため大勢集まってきます。写真の相手はタマ、和歌山電鉄では臨時駅長として知られる猫です。
The cat, in a conductor’s hat, greets travelers like Michiko Yoshihara who traveled nearly six hours by train and spent hundreds of dollars to see Tama.
タマは車掌帽をかぶり、訪れる観光客を迎えます。その中のひとりがヨシハラミチコさん、タマに会いに6時間と数百ドルかけてやってきました。

Tama belongs to the grocery store next door but started hanging out at the train station. The train line heard about Tama and decided on a whim to start promoting her as the stop’s stationmaster.タマはもともと隣の食料雑貨店で飼われている猫でしたが、駅の中をたむろするようになってから電鉄側の知るところとなり、思いつきで駅長に「昇進」させたのでした。

Well the train loads and  tourists started turning up.Merchandise started flowing and so did the cash, turning Tama into the ticket for one town’s turnaround. するとどうでしょう。乗客数、旅行者数が増えだし、商品流通が活発になり、収入が増えだしたのです。タマは一躍町おこしの立役者になりました。

Before Tama, the train line was almost always empty and nearing bankruptcy. Not only has she brought this train line back to life, but single-handedly pumped 10 million US dollars into the local economy.
タマが現れるまでは、この路線はほとんど空車で破産に近い状態にありました。 タマは電鉄会社を復興させただけでなく、地域に一千万ドル規模の経済効果をもたらしたのです。

This is the ten million dollar cat.
これが一千万ドルのネコ。

Seeing is believing, says the town that’s living an economic turnaround amid a national and global slowdown.
「百聞は一見にしかず」・・・世界的不況のさなか、経済復興を実践している町側がそう語る。

Why would so many spend so much on a little cat? It’s a chance to take a break from the problems facing Japan, says Haruto Maeda, who took the day off work to see Tama.”Call it an accident of life,” says Kishigawa’s Buddhist monk, Takeo Teranaka. “Perhaps other towns should find their own special thing and maybe they’ll see this kind of benefit, too.”
なぜお金をかけてまで大勢の人が猫一匹見るためにやってくるのでしょうか? タマに会うため会社を休んできたマエダハルトさんは、「日本が直面する問題から離れ、ちょっと一息入れるのに良い機会なのですよ」と語る。
また貴志川町内の僧侶テラナカタケオさんは、「人生の偶然、と呼んでいいと思います。他の市町村でも自分に合った特殊なものを見つければきっとうまくゆくでしょう」と言っています。

Tama now lives full-time at the station, with her mom and a friend.
タマは現在、母親、友人と一緒に駅に住み込みで暮らしています。
The prize of the town’s locals, who say in these tough economic times they’ll take a gift horse or cat where they can get it.
このような不景気のもと、やれることはなんでもやる、そう口にする町の人々が手にした「掘り出し物」のネコでした。

新聞拾い読み

ネットのロンドンタイムズにこんな記事が載っておりました。

Chancellor Alistair Darling will this week tell government departments that the money has run out and they face a three-year cash freeze on spending. アリステアダーリング大蔵大臣は今週、政府各部門に対し財政逼迫のため今後3年間政府支出凍結に直面することになる、と伝える予定だ。

Darling is said to believe that public sector workers will have to match the sacrifices made by private sector employees during the recession この不景気の間、民間企業の従業員が強いられてきたのと同じ犠牲を、今後は公務員もはらわねばならないだろうと同氏は信じていると言われる。

Asked how the deficit should be reduced, respondents in the YouGov poll strongly favoured the main emphasis being on spending cuts over tax rises, by 52% to 30%. 財政赤字をどのように減らすかを世論調査で問うたところ、回答者の52%が支出削減を支持したのに対し、増税と答えたのは30%だった。

Yesterday the Tories stepped up their campaign to prevent money being wasted on costly IT projects. 昨日、野党の保守党はIT関連事業に多くの(税金が)浪費されるのをやめさせる運動を展開すると立ち上がった。

なにやら英国版のレンホウさんが出てきそうな勢いです。

This financial catastrophe was caused, in large part, by Labour’s complete disregard for regulation of the financial sector – an own-goal one might say.
今回の財政危機は、金融機関への規制を怠った与党労働党が引き起こしたものだ。まさにオウンゴールと呼べる。

経済記事にサッカー用語を混ぜるなんざ、英国ですなー。

小学生に英語を教えることの要否

小学校への英語授業の導入についてはかなりの賛否両論があったそうです。

「国際社会で活躍できる人材の育成が肝要」という意見と「日本語がおぼつかない段階で外国語を教えるのはいかがなものか」という意見。永遠に結論が出ない論争に聞こえますが、私は前者に軍配を上げたいです。

横浜で海運関係の仕事をしていた80年代、商魂たくましい中国人や韓国人にたくさん出逢いました。 欧米人相手に物怖じせず、一歩も引かない交渉態度を見て感動に似た気持ちを味わったものでした。

一方、外国人との交渉となるといきなり及び腰になって、「オレ英語だめなんだよお。」などと弱音を吐く日本人がいかに多かったことか。すでにそのころ経済大国、貿易立国などとよばれていたにも関わらず、ですよ。(嘆)

あれから四半世紀が過ぎました。状況は好転したかもしれませんが、私の眼にはまだまだ不十分に映ります。このまま手をこまねいていれば、アジアにおける日本は中国・韓国・インドなどの列強に機先を制され、日陰草になってしまうのではないでしょうか。

エネルギー需給、温暖化問題、食糧自給、安全保障・・・これからの子供たちはこういう問題に取り組むため、他国と 協調したり意見を戦わせたりする機会が増大するに違いありません。国際舞台で堂々と発言できる人材を育成するために、英語の早期教育は必要不可欠と言えましょう。

お問い合わせの中から

新聞広告を出してから、当塾に対するお電話が多く寄せられました。叱咤あり、激励あり。まあほとんど前者でしたが・・・(泣) 

一番多かった内容は、「チラシの裏側やら古いラジカセやらを使うので授業料を安くできるんでしょ? 肝心の授業内容はどうなんですか。そこをはっきりしてくださいよ」というものでした。

こういった問い合わせは、当塾に深い関心があるからこそ出てくるものなのでしょう。ありがたく拝聴させていただくと同時に次の通り回答させていただきます。

私は前もって授業内容を決めるつもりはありません。あくまでも一回目の授業の中で、生徒さんの適性や前向き度、目標などを聞き入れ、最適な方法を模索するつもりです。

たとえば「英検2級受験予定、読み書きに自信あり、過去問すべて挑戦済み」という人ならば、2級レベルの文章で、手⇒口、目⇒口、の稽古を行い、得意の読み書きでは準1級の過去問をさせます。

柔道初段を目指す人が、稽古すべき相手は初段者だけではないでしょう? 2段や3段の人から習えばこそ見えてくるものがきっとあるはず。 それと同じ理屈です。